ゾビラックスはヘルペス治療に効果があります。

ヘルペス治療にはゾビラックスが効く!

ゾビラックスの効果

ゾビラックスには様々な剤型の種類がありますがどれも症状があらわれはじめた初期段階に服用することが1番効果的です。

ヘルペスウイルスは発症したあとにウイルスを増殖させ症状を悪化させますが、ゾビラックスにはこのヘルペスウイルスの増殖を抑える作用があります。

口内、唇、眼、性器に発症した単純ヘルペスウイルや水ぼうそうウイルスで発症した帯状疱疹の治療に使用されます。

ヘルペスウイルスは3日程で増殖を終えるので増殖後に服用しても効果は得られませんので初期段階で飲み続けるのが最もよりよい効果を発揮させてくれます。

また、ゾビラックスは服用後、短時間で効き目が薄れてくるため1日に5回程服用する必要があります。

1型ウイルス、2型ウイルス、帯状疱疹によっても使用するゾビラックスの剤型が変わってくるので症状によって使い分けることが大切です。

皮膚の症状だけでなく神経節に潜伏したウイルスの増殖も抑えてくれるので身体の内側から効果が効いてきます。

しかしながら、ヘルペスウイルスを全て死滅してくれるわけではないので治ったとしても再発しないように生活習慣の見直しなど予防も大切なります。

ゾビラックスの作用機序

ヘルペスウイルスは誰にでも感染する一般的なウイルスです。

感染していても症状がわらわれない人が多いので感染に気付かない人もいます。

風邪やストレスによって免疫力が低下している時にウイルスが活発に活動し始め、症状があらわれやすくなります。

ヘルペスウイルスにもいくつか種類があります。

  • 「単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)」→口唇ヘルペス
  • 「単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)」→性器ヘルペス
  • 「水痘・帯状疱疹ウイルス」→水ぼうそう

これらがありますが、他にもたくさん種類があり、それぞれに引き起こす疾患が異なってきます。

ゾビラックスに含まれるアシクロビルはDNAポリメラーゼ阻害薬とも呼ばれます。

ヘルペスウイルスはとても単純な構造をしているため、私たちの中にいるDNAの複製を阻害すればDNAを取り囲んでいるヘルペスウイルスの増殖も抑えることができます。

DNAを合成するには酵素が必要になります。

この酵素をDNAポリメラーゼと言いますので、このDNAポリメラーゼを阻害することによってヘルペスウイルスの増殖を抑えることができる仕組みになっているのです。

ゾビラックスの特徴

ゾビラックスは世界で初めてウイルスに対する治療薬として製造されました。

ヘルペスウイルスの増殖を抑える作用が有為に認められて、開発者のエリオンはノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

ヘルペスウイルスの中でも

  • 単純ヘルペスウイルス1型
  • 単純ヘルペスウイルス2型
  • 水痘・帯状疱疹ウイルス・帯状疱疹

にとても有効です。

ヘルペスは小児~大人まで幅広い世代で発症する病気です。

小児はヘルペスウイルスに限らず細菌やウイルスに対する抗体が作られていないため服用できる薬も限られてきますがゾビラックスは小児にも使うことが出来ます。

軟膏、顆粒、ゼリー、点滴など様々な剤形があるので感染者ひとりひとりにあった剤形で病気を治療することができるのも特徴です。

服用回数も1日に5回程で通常のお薬よりも多い回数になるので服用方法もしっかり確認して治療した方が良いでしょう。

ゾビラックスは病院でも処方されていますが、海外医薬品の通販サイトで個人輸入をして購入することも出来ます。

ヘルペスウイルスは繰り返し再発する病気なので、再発するたびに病院へ行くのは金銭的にも負担になります。

そこで個人輸入サイトを利用してゾビラックスを安く購入するのがオススメです。

icon